【コラム】住宅ローン減税を受けられる期間について【住宅ローン減税⑤】

更新日:2020/05/18

住宅ローン減税 期間

 

こんにちは、まいほむです。
前回は「リフォームだけでも住宅ローン減税が受けられる?」というお話でした。

住宅ローン減税、第5回の今回は「住宅ローン減税を受けられる期間」についてです。

 

■住宅ローン減税を受けられる期間について

住宅ローン減税の適用条件の一つとして、

・ローンの返済期間が10年以上ある

というのがありました。(参考:② 住宅ローン減税の適用条件

住宅ローンの控除を受けられる期間も、基本的には「10年間」となっています。
それより長い期間でローンを組んでいても、ずっと減税が受けられるというわけではないんですね。

ただし消費税が8%⇒10%に増税されたことを受け、2019年10月1日~2020年12月31日までに入居した場合に限り、「13年間」にわたって控除を受けられるようになっています。住宅ローン減税を受けたい場合は、現状だと、この期間に入居するのがおトクということが言えますね。

13年間の控除について、はじめの10年間は従来と同じ「毎年末の住宅ローンの残高もしくは住宅の取得対価の1%」のうち、いずれか少ない方の金額が控除額となりますが、11~13年目は「毎年末の住宅ローンの残高もしくは住宅の取得対価の1%」または「建物の取得価格(上限4,000万)の2%÷3」いずれか少ない方が控除額となります。

 

■まとめ

次回のテーマは「住宅ローン減税を受けるための確定申告」についてです。

以上、お読みいただきありがとうございました!まいほむでした。

 

追伸:新型コロナでさまざまな状況、皆様の心労が大変心配でございますが、皆様どうぞご自愛くださいませ。

 

 

空き家を買い取り、リノベーションして販売している会社です。

実績のあるまいほむだからできる、お客様の「あんな物件あったらいいな」にお応えします!

思い出とのお別れを最高の出逢いに

グラストエステートパートナーズジャパン株式会社